バブルの崩壊によって増えた消費者金融

消費者金融は古くからあるのですが、バブルが崩壊した後に増えたという傾向はあるでしょう。バブルが崩壊した事によって日本の経済は非常に悪化したと考えられるでしょう。それによって生活が苦しくなる人も増えてきたのです。これによって一般的な個人が資金調達をする手段として消費者金融が利用されたといえるでしょう。このときには消費者金融は大きく成長しました。それまでの消費者金融は、サラ金と呼ばれてネガティブなイメージがもたれていたのですが、多くの人が利用するようになった時期からイメージは大きく変わってきたといえるでしょう。また、消費者金融自体がネガティブなイメージを払拭するための広告を盛んに行ったということも影響しているでしょう。バブルの崩壊によって大きく躍進したわけですが、中には株式公開をする企業も登場しました。このようにして躍進した背景には、やはり個人が資金を必要としていたという現状があると言えるでしょう。