罰則は強化

金融商品取引法では投資家保護の強化とともに、市場の透明性や公平性を高めることを非常に大きな目的として示しています。
投資家保護については、主に証券会社や金融機関の勧誘の仕方について「適正な」方法でなされるように義務付けられました。
一方、市場の透明性を高めるためにインサイダー取引などの罰則は強化されることとなりました。

Leave a Comment